読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

nahonestlyのブログ~すなおに生きる~

会社勤めのアラフォー男。日々学んだこと、感じたこと。

スーパーのレジ袋って安全かな?

今日のテーマは『プラスチックについて』。

 

プラスチックは、食品や洗剤などの容器から、パソコンやスマホなどの電子機器まで、私たちの身の回りのあらゆるところに使われています。

当たり前に使っているので、たいていの人は意識しないと思いますが、一言にプラスチックといっても、実はいろんな種類があります。

 

人にもいろんな個性があるように、プラスチック達にもそれぞれ個性があって、『固い』『軟らかい』『軽い』『透明』『熱に強い』などの特徴に違いがあり、用途によってより適したものが選択されます。

 

多くの種類があるプラスチックのなかで、もっとも代表的なものの一つに『ポリエチレン』と呼ばれるものがあります。

ポリエチレンはプラスチックの中でも最も原材料費が安く、加工しやすいため、大量生産される製品や素材に適しています。食品容器やレジ袋、バケツなどシンプルな雑貨類を中心に、広く使われています。

ここで、スーパーやコンビニで買い物するときにもらえる(最近は有料の場合もあるけど)、『レジ袋』に着目してみます。

レジ袋のことを、『ビニール袋』と呼ぶ人も多いと思いますが、実はこれ、厳密には誤りです。

ビニールというのは『ポリ塩化ビニル』という別のプラスチックのことを指します。昔はポリ塩化ビニル製の袋(=ビニール袋)がよく使われていたため、その名残りですね。

現在使われるレジ袋は、ほとんどポリエチレン製だそうです。

 

ポリ塩化ビニルは、主に90年代、環境破壊の原因や有害な物質であるとして代替品への切り替えが進んだという経緯があります。(これには諸説あり、現在では安全であるという立場の主張もあります。)

 

一方、ポリエチレンについては、炭素(C)と水素(H)だけからできており、燃やしても水(H2O)と二酸化炭素(CO2)になるため有毒な物質は生成しません。

(ただし、生分解されずに環境中に残存するので、ポイ捨ては厳禁です。)

さらに、食品用で使われるレジ袋は、重金属をほとんど含まないなど添加物や不純物にも気を使われているようです。

ですので、スーパーで買った野菜や果物をそのままレジ袋に入れても、安全性に問題はなさそうです。

 

プラスチックというと、『環境汚染』とか健康被害という言葉とセットになってネガティブなイメージもあります。

たしかに、効率や便利さを追求するあまり、地球環境や生態系、健康への配慮が後回しになっている現実はあるように思います。

大量生産・大量消費の時代から、少量生産・リサイクル等を重視した『持続可能な社会』へと変換していくことが、今後ますます重要になってくるでしょう。

そのためには、わたしたち一人ひとりが、『今が良ければいい』『自分だけ良ければいい』という考えを少しだけ反省して、『未来の子供たちに何が残せるのか』『そのために自分になにができるか』ということを意識していきたいものです。

 

最後までお付き合いくださり、ありがとうございました。

2017年はどんな年になるかな?

2016年は、自分にとって大きな変化の年となりました。

転職したわけでも、家族構成が変わったわけでもないけれど。

何が変わったかを一言でいうと、

『休日の過ごし方』

 

きっかけは、とあるセミナーの体験会に参加したことでした。

そこで出逢った人から、他のイベントを紹介してもらい、さらに出逢いが広がって・・・

 

以前はあまり外に出かけず、のんびり過ごしていた休日が、今ではけっこう先までスケジュールで埋まるほどに。

 

新たに知り合った人達から、あるいは紹介してもらった本などの媒体から、 色々な考え方や価値観を学びました。

それまで常識と考えていたことが、自分の思い込みにすぎないことに気づいたりすることも。

 

何よりも、自ら行動することの大切さに気づけたことが大きかった。

 

知識を詰め込むだけでは、実生活に活かすことは難しいです。

得た知識を使うことで、具体的には人に説明したり自ら実践してみることで、知識が知恵に変わります。

その知恵こそが、人生をより豊かにしてくれる源となる。

平日に動くには限界があるから、休日に行動することが大切です。

 

今振り返って、2016年は今後の人生のターニングポイントになる一年だったなと思います。

 

そして迎えた2017年。

ますます行動力を上げ、多くのことを吸収していきたいです。

これまでやってこなかったことにチャレンジし、更なる変化と飛躍の年にします。

 

本年もよろしくお願いします!

 

最後まで、ありがとうございましたm(__)m



f:id:nahonestly:20170101225242j:image

好奇心を育てていこう

|科学の楽しさ

 子供のころから、好きな科目は『理科』でした。

『なんで虹は、七色なんだろう?』とか

『冬になると窓ガラスが結露するのって何だろう?』とか

考えたり調べたりするのが好きだった。

 

あれから月日が流れ、社会人になって十数年が経ったいま。

化学系の技術職に就けている自分は、好きなことの延長線上にいて、幸せだなと思います。

ある現象について仮説を立て、それが正しいか調べ、仮説を裏付けるデータが取れたときが最も嬉しい瞬間です。

 

 いままで知らなかったことが分かったときの喜びや、予想外の結果が出たときの驚き。そのようなドキドキワクワクが、科学の楽しさです。

 

| 若者の理系離れ

昨今、若者の『理系離れ』が指摘されています。

詰め込み教育で苦手意識を持つためとか、社会的なマイナスイメージがあるとか、いろいろ理由はあるようです。

大人でも、『身の回りの生活用品や家電について、仕組みはよくわからなくても、使えればいいや』と考えている人が多いかも。

でも、原発を含むエネルギー問題など、将来どうしていくかを考えるうえで、何の知識もなくて大丈夫かどうか ・・・

われわれ大人がどういう選択をするかで、未来の子供たちが生活する社会の在りようが変わるのだから。

 

|好奇心を育てよう

 ものすごく好奇心が旺盛な人って、誰でしょうか。

それは、生まれてすぐの赤ん坊です。すべてが知らないことばかりだから、好奇心の固まりです。そして、少しずつ大きくなって活動範囲が広がるにつれ、ますます興味の幅が広がっていく。

小さい子って、なんでもやってみたがるし、『これな~に?』『なんでそうなるの?』って大人に聞きまくります。

で、聞いている内容って『政治経済』とかではなく、『科学』に関連することが多いかも。

  

そんな好奇心の固まりである私たちは、いつの間にそれを失ったのか?

子供が持っている好奇心を奪わないことの大切さ、大人に出来ることは何かを教えてくれる一冊を紹介します。

 

好奇心を“天職

好奇心を“天職"に変える空想教室

 

著者の植松氏は言います。『できない理由をたくさん教えられて、子供はあきらめることを覚えてしまう』のだと。

この世から『どうせ無理』という言葉をなくし、『だったらこうしてみたら?』に変えていく。そうできたら、夢と希望に満ちた世界になっていくはず。そう信じる著者の想いが伝わってきます。

 

植松氏はTEDトークでも講演されており、そちらもお勧めです。

 Hope invites | Tsutomu Uematsu | TEDxSapporo - YouTube

 

 

次回以降、身の回りの科学に関することについても、少しづつ書いていきます。

 

長文になりましたが、最後までありがとうございましたm(__)m

人見知りを克服するには(2)

前回に引き続き、初対面でも緊張せずに話せる方法について。

結論から言ってしまうと、『とにかく数打って慣れること』なんですが(汗)、やり方を少し工夫することで、より楽に変わることができます。

 

その方法とは、『コンフォートゾーンを広げる』という意識を持つことです。

コンフォートゾーン とは、『自分の周りの居心地がよい空間』のこと。

人は誰でも、自分のコンフォートゾーンから離れることに不安を感じます。そのため、もとの居場所に留まろうとする。だから、変わりたいと思っていてもなかなか変われない。

 

では、どうすれば良いのか?

 

その答えは、『大きな不安を感じない程度に、ほんの少しだけコンフォートゾーンの外側に出てみる』ということ。

たとえば、知り合いのいない社外交流会にいきなり参加するのではなく、会社の同僚の中でいつもと違うメンバーを誘ってランチに行ってみる、という具合です。 

会社の飲み会のとき、普段あまり話さない人の近くに座ってみる、でも良いかも。

そうやって人との関わりを少しずつ増やしていけば、あまり面識がない人や初対面の人と話すことに対する敷居が下がってきます。

 

f:id:nahonestly:20161208222541p:plain

 日々の生活の中で、同じことを漫然と繰り返すのではなく、いつもとちょっとだけ違うことにチャレンジしてみる。

その少しずつの積み重ねが、やがて大きな違いとなって結実する。

『繰り返す』のではなく『積み重ねる』こと。これは人見知りの解消法にとどまらず、仕事や人生の目的を達成するためにとても大切な考え方だと思います。

 

 

 

先日、百貨店で買い物したとき、気付いたら店員さんとの雑談を楽しんでました。

もちろんその店員さんの接客がすばらしいということもありますが、自分のコンフォートゾーンが少しずつ広がってるんだな、と感じた出来事でした。

 

 最後に、コンフォートゾーンについて分りやすく書かれている本を紹介します。

 目標を持つことの大切さ、そこに到達する方法が明快に記載されていて、読みながらやる気が湧いてくる一冊でした。

 

本日も最後までありがとうございました。

人見知りを克服するには

昔から、初対面の人と話をするのが、とても苦手でした。
家族や親しい友人知人とは普通に話せても、初対面だと一対一でも緊張してうまく喋れません。何か話そうとして、よけいに焦って頭の中が真っ白になり、あとで落ち込むという日々・・・
 
例えば、百貨店で買い物をするのも、できれば避けたい試練です。
だって、『初対面の人(店員さん)と話さないと、品物が手に入らないというハードルの高さ(笑)』
 
そんなわたしでも、歳を重ねるにつれ人付き合いができるようになってきました。まだ緊張はするけれど、若いころと比べると、初対面でも普通に話せてるんじゃないかな。
 
緊張してうまく喋れない状態を抜け出す方法として、二つのことを書きます。まずひとつ目は、『自分目線から相手目線への変換』について。
 
過去の自分を振り返ると、『相手からどう思われているか』を極度に気にしていました。嫌われたくないという想いが強すぎて、相手が自分をどう思っているかばかりに意識がいっている状況です。自意識過剰というやつですね。
 
でも、他人の思考をコントロールすることはできません。
そうであれば、自分が相手のことをどう思うか、という方向に意識をむけるべき。
『この人はどんな人かな?』『何に興味を持っているかな?』というように。
そんなふうに相手のことを考えるようにしたら、自意識が薄れて、いつの間にか緊張しなくなっていきます。
 
この目線の変換を意識するようになって、ずいぶんと人と接するのが楽になり、さらには楽しくなってきました。
 
ふたつ目は『コンフォートゾーンを広げる』ということ。
このお話はまた次回に。
 
本日もありがとうございました。
  

f:id:nahonestly:20161202233814j:plain

 
 

働く意味って何だろう?

働くことの意味って何だろ?

 

最近よく、そんなことを考えています。

 

お金を稼ぐため(=日々の生活のため)に働いていると答える人も多いかもしれません。

それはもちろん間違っていないでしょうが、大金持ちでも働き続ける人もいるし、自ら進んでボランティアに従事する人もいます。

そう考えると、お金を稼ぐこと以外にも、働く意味というものがありそうです。

 

色々考えたり、本に書いてあることを参考にした結果、

『働くとは、傍(はた)を楽にすることである』

という考え方が、今のところ最もしっくりきています。

傍とは家族であったり、職場の仲間であったり、お客様や地域の人々であったり。

自分が働くことによって、周囲の人たちの暮らしが楽になること。

お金を稼ぐことはあくまで手段であって、『人の役に立つこと』が目的なのかなと。

 

もちろん、働く意味について、別なふうに考える人もいるでしょう。

『目標を達成し成長し続けること』

『好きな上司や同僚に認められること』

『世の中に新しい価値を生み出すこと』

 

色々な側面があるなかで、何に重きを置くかという価値観は人それぞれ。

だから大切なのは、

『自分にとっての働く意味は何かを考え続けること』 

ではないでしょうか。

 

最後に、『傍を楽にする』という考えが書かれた書籍を紹介します。

 

仕事の思想―なぜ我々は働くのか (PHP文庫)

仕事の思想―なぜ我々は働くのか (PHP文庫)

 

何のために働くのかについて、『仕事の真の報酬は何か』など様々な切り口で考察されています。

 

器

 

器が大きい人、というときの『器』とは何なのか。どうすれば器を大きく育てることができるのかについて、筆者の体験談を交えて説明されています。

 

本日も最後までありがとうございました。

四十にして惑うよ。

孔子さんは言いました、『四十にして惑わず』と。

 

私も以前は、どちらかといえばそんな心境でした。

社会人になって15年以上が経ち、仕事はそこそこ順調。

深刻過ぎるほどの悩みはなく、平穏な毎日。

 

ところが最近・・・

『自分の人生ってこのままで良いのかな?』

『本当にやりたいことって何だろう?』

というふうに、いろいろ惑っている自分がいます。

 

こんな風に感じるのは自分だけかなと思ったら、そういう人もけっこういるみたいです。

 

40代が感じることのある不安と、それにどう向き合っていくべきかについて、参考になる記事がありました。

 

todaysseaway.ttcbn.net

 

ひとつ言えるのは、、、

『この惑ってる状況が、むっちゃ楽しい!』

っていうことです。

 

ここ最近は、あれこれ迷いながらも、これまでやってこなかった経験をしてみたり、新しい出会いの場に参加してみたり、新鮮な気持ちでいろいろ吸収しています。

 

ところで、新しいことを学ぶときには、楽しいと感じることがとても重要です。

 

その理由は、楽しめると長続きするということもありますが、それだけではなく、好奇心を持って取り組むことで『学習効率』が上がるからです。

 

好奇心を持っているとき、つまりワクワク、ドキドキしているとき、脳内では『シータ波』という脳波が出ているそうです。

 

そして、このとき脳内で記憶を司る『海馬(かいば)』という器官が刺激され、記憶力が高まるとのこと。

つまり、楽しみながら学ぶというのは脳科学的にも良しとされる考え方なのです。

 

ちなみに、上記の出典は『受験脳の作り方』という本です。 

www.shinchosha.co.jp

これは学生の受験生だけに読ませておくのはもったいなく、社会人も読んだほうがよいと思うお勧めの本です。

 

 

今回、新しいことへのチャレンジの一つとして、日々の生活の中で感じたことや学んだことを書いてみたいと思い立ち、ブログを開設しました。

 

書くことを楽しんで続けていきます。

 

最後までお付き合いくださり、ありがとうございました。
f:id:nahonestly:20161119141139j:image