読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

nahonestlyのブログ~すなおに生きる~

会社勤めのアラフォー男。日々学んだこと、感じたこと。

働く意味って何だろう?

働くことの意味って何だろ?

 

最近よく、そんなことを考えています。

 

お金を稼ぐため(=日々の生活のため)に働いていると答える人も多いかもしれません。

それはもちろん間違っていないでしょうが、大金持ちでも働き続ける人もいるし、自ら進んでボランティアに従事する人もいます。

そう考えると、お金を稼ぐこと以外にも、働く意味というものがありそうです。

 

色々考えたり、本に書いてあることを参考にした結果、

『働くとは、傍(はた)を楽にすることである』

という考え方が、今のところ最もしっくりきています。

傍とは家族であったり、職場の仲間であったり、お客様や地域の人々であったり。

自分が働くことによって、周囲の人たちの暮らしが楽になること。

お金を稼ぐことはあくまで手段であって、『人の役に立つこと』が目的なのかなと。

 

もちろん、働く意味について、別なふうに考える人もいるでしょう。

『目標を達成し成長し続けること』

『好きな上司や同僚に認められること』

『世の中に新しい価値を生み出すこと』

 

色々な側面があるなかで、何に重きを置くかという価値観は人それぞれ。

だから大切なのは、

『自分にとっての働く意味は何かを考え続けること』 

ではないでしょうか。

 

最後に、『傍を楽にする』という考えが書かれた書籍を紹介します。

 

仕事の思想―なぜ我々は働くのか (PHP文庫)

仕事の思想―なぜ我々は働くのか (PHP文庫)

 

何のために働くのかについて、『仕事の真の報酬は何か』など様々な切り口で考察されています。

 

器

 

器が大きい人、というときの『器』とは何なのか。どうすれば器を大きく育てることができるのかについて、筆者の体験談を交えて説明されています。

 

本日も最後までありがとうございました。