nahonestlyのブログ~すなおに生きる~

会社勤めのアラフォー男。日々学んだこと、感じたこと。

台湾旅行記(2017.11)

前から行ってみたかった台湾。

先日、念願かなって初旅行してきました。

 

旅の目的地は『高雄・台南』です。

当初、台北に行こうと思ってましたが、旅行を企画したのが遅くて飛行機が取れず、まだ席が空いていた高雄空港行きの航空券をゲットしました。

高雄って知らなかったけど、人口は大阪市よりもちょっと多い277.8万人で、台湾第3の都市(2017年7月末時点)なんだそうです。

 

今回はツアーではなく個人旅行のため、現地での調べものはスマホが頼りです。

海外ではWiFiルーターをレンタルして持っていくのが便利。

今回は『台湾データ』というサービスを利用しました。690円/日で通信量制限なし。妻と二人で使い放題なのでお安いです。

関西空港の郵便局でレンタルルーターを受け取り、期待に胸を膨らませて高雄空港へ向けて出発しました。

 

ちなみに、両替は日本ですると割高らしいので、台湾に到着してから両替しました。

それでもレートは1台湾ドルが約3.9円と円安でした。

海外旅行いくときは円高が嬉しいですね、、。

また、現地では交通系ICカードの一卡通(イーカートン)を購入しました。これ一枚で、電車もバスもコンビニでの買い物もできて、とても便利でした。

 

3泊4日の旅行中、高雄や台南でいろいろな観光名所をめぐり、とても満足度の高い旅行となりました。とくに印象に残ったものを挙げます。

 

【佛光大仏】

高雄市の中心部からバスで1時間くらいのところにある『佛光山佛陀紀念館』。ここには超巨大な大仏があります。座り大仏で高さ108メートルと、圧巻の大きさでした。

 

【鳥山頭ダムと八田與一像】

ちょっと遠いです。高雄市内から1時間半くらい電車にのって隆田駅まで行き、そこからタクシーで鳥山頭ダムと八田與一像をめぐる周遊コースを案内してもらいました。ちなみに、いくつかのスポットをゆっくり巡って、タクシー代は値段は3000円ちょっとでした。

この八田與一像は、今回の旅行で私が最も行きたかった場所でした。知らない方のために解説しておくと、八田與一さんは1930年に烏山頭ダムを建設した人物で、このダムの建設による灌漑整備によって周辺は台湾最大の穀倉地帯になりました。その功績によって教科書に載るほど台湾の人々に尊敬されているそうです。

 

 

【蓮池潭】

蓮池潭は高雄市内にある池で、その畔に竜虎をモチーフにした「龍虎塔」というツインタワーがあります。正しい手順(龍から入って虎から出る)で通ると、福が来ると信じられているパワースポットらしいです。

 

他にもいろいろ楽しいスポットはありましたが、今回の旅行で本当に印象に残ったのは、『現地の人々の温かさ』でした。とても気さくに声をかけてくださいました。

 

廟(びょう)めぐりをしているときは、OLさん二人組が英語で話しかけてきて、何が祭られているか教えてくれました。

交差点の手前で地図を見ていたら、おばさまが道を教えようと声をかけてくれました(たぶん台湾語で)。

朝市で蛋餅と飯糰を買ったら、おまけでもう一つ袋に入れてくれました。

 

われわれ日本人が忘れかけている何かが、そこには残っている気がしました。